帯広ロータリークラブのトピックス

帯広ロータリークラブのト会員一覧、役員表、年間プログラム等

帯広ロータリークラブについて

国際ロータリー第2500地区
ロータリー文庫
帯広ロータリークラブ携帯サイトQRコード

携帯サイトができました。 ロータリーの情報を旅先でもご覧いただけます。

帯広ロータリークラブ 例会メモ RSS

帯広RC第3668例会 令和2年9月16日

2020年09月15日

帯広ロータリークラブ 会長報告 RSS

第3665例会 令和2年8月26日 会長報告 長澤 秀行 会長

2020年09月2日

会長 8月末というのに、この暑さです。新型コロナウイルスの感染よりも熱中症に気をつけないといけません。
 今週、皆さまのお手元に、「米山記念奨学金ご寄付」の手紙が届いたと思います。先週、米山記念奨学委員会の及川委員長からもご支援のお願いがありました。これは、日本ロータリーの父と呼ばれる米山梅吉氏をたたえて設立された米山記念奨学会が、外国人留学生へ奨学金を支援するものです。2500地区においても、帯広畜産大学をはじめとするいくつかの大学において、多くの留学生への支援が実施されてきました。1年間に約850名の日本で学ぶ外国人留学生を支援していますが、彼ら彼女らは、帰国後もロータリークラブとのつながりを大切にして交流の懸け橋となっています。是非、ご協力をお願いいたします。
 ロータリークラブによる留学生支援は、外国人だけではありません。ロータリークラブでは、日本人学生あるいは若者への奨学金支援も行っています。ロータリー財団によるグローバル補助金あるいは地区補助金によるものです。
 現在、帯広クラブで推薦した田中佑依(たなかゆい)さんが留学中です。昨年の7月24日の例会で、田中さんからご挨拶いただきましたので、ご存じの方も多いと思います。田中佑依さんは、帯広クラブの名誉会員であった故田中弘(たなかひろむ)パストガバナーのお孫さんです。
 彼女は和田会長年度に推薦がなされ、イギリスのブライトン・ロータリークラブのお世話になりながら、サセックス大学修士課程に留学され、開発学(途上国支援の在り方)について、研究を進めています。今年に入り、新型コロナウイルスの影響で、大学がオンライン授業となり、イギリスを離れ、ご主人のいるタイに滞在し、リモートで大学から研究指導を受けているというところまでは、小沢直前会長からご報告がありました。

[この記事の続きを読む]