帯広ロータリークラブ 会長挨拶 2017-2018

会長:國枝千秋

万里一空(ばんりいっくう)
『Let’s go』

2017-18年度  帯広RC会長  國枝 千秋

 先輩諸兄がクラブ創設以来、多くの困難を乗り越えられ輝かしい歴史と伝統を築かれた、帯広ロータリークラブ2017-18年度の会長に就任させていただくことは誠に晴れがましく感謝申し上げますと同時に、責任の重さに身の引き締まる思いです。

 2017-18年度 国際ロータリー会長イアンH.S.ライズリー氏は「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えます。ロータリー入会のきっかけは何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることが出来るからです。この充実感は、毎週、毎年、「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです。
 私たちの仕事は、国際ロータリー理事会がロータリー全体のために現在の戦略計画で定めた3つの戦略的優先事項によって導かれます。

  1. ● クラブのサポートと強化
  2. ● 人道的奉仕の重点化と増加
  3. ● そして、ロータリー公共イメージと認知度の向上です

と述べています

 また2017-18年度 国際ロータリー第2500地区 成瀬 則之ガバナーは地区活動方針として
「今こそ行動を! -クラブが元気になるために 地区が元気であるために そして 私たちの未来のために―」を掲げています。

地区活動目標は

  1. ① ポリオに終止符を
  2. ② RI活動戦略計画を理解し、クラブの戦略計画を立案しよう
  3. ③ MY ROTARYに登録を
  4. ④ 青少年プロジェクトを積極的に推進しましょう
  5. ⑤ RI会長賞にチャレンジを会員基盤の多様性を高める努力をしましょう。
    を目標としています。

以上のことを踏まえ、一年間の指針として活動を進めていきます。

 さて、私のテーマ「万里一空」とは目的、目標、やるべきことを見失わずに励む、頑張り続けることです。この年になって『頑張る』は似合いませんし、身体にも好くありませんが、クラブの未来のために、日々努力精進したいと思います。
 近年の急速なテクノロジーの発達に伴い、我々の生活がとても窮屈になっているように感じています。なんでもかんでも情報がすぐにポポポンポンとやり取りされ、すさまじいスピードで時間が流れて、時間の大切さ、人との繋がりが希薄になっているように思います。
 このような時代だからこそ、クラブ運営では、歴史と伝統の中から生まれた大切な事は『伝承』し、必要な事は『変革』するを目標とします。

活動目標として
 一つは会員同士のコミュニケーションを高めるために親睦を大切にします。基本は『例会出席』です。出来るだけ30分前には例会場に来て会話の時間を楽しみましょう。

 つぎに、職業奉仕はもちろんのこと、社会奉仕、国際奉仕にも力を入れたいです。それぞれ、例会で学びの場をつくり実践につなげます。

 さらに、各種会合に積極的に参加しましょう。特に地区大会、IM,各種セミナー、ローターアクト例会・事業への参加です。

 とにかく、ロータリー活動を『義務』ではなく楽しみましょう。楽しみを見つけることにより、一つの大きな課題である出席率の向上につながります。さらに退会防止・会員増強につなげましょう。

 今年一年 汗を流し、会員皆様と楽しさを共有できるよう努めてまいりますので『知恵と力を』少しお貸しください。

 さあ 『Let’s go』 ロータリーを楽しみましょう!